眼科

近くが見えにくいのは

老眼のチェックにはいくつかの方法があります。基本的には「見えにくい」というのがサインとなります。今一度自分の生活環境を振り返ってみて「目が疲れやすくなる」環境に自分がいないかどうかを確かめることが大切です。

詳しく見る

記事一覧

目

水晶体や筋肉の機能の低下

老眼は目のピント調節機能の低下が原因ですが、気になる症状が見られる人は老眼チェックをして下さい。本や雑誌などの小さい文字が読みにくくなったり、文字や数字の読み間違いが増えたと感じている人は、老眼の可能性があります。

詳しく見る

婦人

近視でも避けられない

近視の人は老眼になりにくいという説がありますが、近視でも老眼になります。自己チェックをして進行していることが分かったら、眼科で正確な視力を測定してもらうのが良いでしょう。老眼を予防する方法としては、眼球マッサージやホットマスクがお勧めです。

詳しく見る

自覚よりも周囲が気づく

目

文字を読む距離

新聞や本など小さな文字が読みづらい、眼に力が入ってしまうようになったら老眼がはじまっている可能性が高いです。本人の自覚よりも周囲が気づいていることが多いです。老眼がはじまっているかのチェック方法で簡単なのが文字を読む距離、ピントが合う場所です。文字を読む距離が30センチを超えていたら老眼の可能性が高まります。目の構造は大変精密にできています。細かなパーツで組み合わさっていて、目の前方の水晶体はカメラではレンズにあたる部分で、後方の網膜で焦点を合わせて見ることができます。網膜にきっちりピントが合う状態は正視といいますが、網膜の前にピントが合ってしまう状態は近視で網膜より後ろに合う場合には遠視状態です。人間が見る動作をするときには、水晶体を使って遠くのものや近くのものを合わせていきます。この合わせていく調整作業は、毛様体筋という筋肉で行われ水晶体を調整していきます。近くを見るときには毛様体筋は縮むため水晶体は厚みを増します。パソコンやスマホ、本などを長時間見続けると毛様体筋は長時間縮む状態をキープすることになるため目は疲労を感じるようになります。年齢を重ねると水晶体が硬くなって、ピントを合わせるための働きが衰えはじめ小さな文字を見る働きが弱くなります。老眼が気になりだしたら専門医にてチェックを受けるようにします。自分は老眼と判断しまって先延ばしにしていたら違う病気だったという可能性もあります。眼科にてチェックを受けて老眼と診断されたら対応を相談するようにします。老眼だからすぐに眼鏡を作れば大丈夫ということはなくい、検眼は医療行為となるためまずは病院にて正しくチェックしてもらうことが大切です。

女性

視力低下を放置しない

誰しも自分の老化は認めたくないものですが、夕方になると物が見えにくくなったり、近くのものを見ると目が疲れる場合は、老眼チェックをするのがよいでしょう。進行している場合は、眼科で診察を受け適切な処置をするのが賢明です。

詳しく見る

検査

目の疲れに注意です

老眼は、40代の初めから始まり中旬に本格的になり始めてきます。新聞の字や本の文字が見えにくくなってきたり、近くのものが見えにくくなってくると老眼の初期症状なので早めに、自分でチェックして眼科に行くのがおすすめです。

詳しく見る

RECOMMEND POST

眼科

近くが見えにくいのは

老眼のチェックにはいくつかの方法があります。基本的には「見えにくい」というのがサインとなります。今一度自分の生活環境を振り返ってみて「目が疲れやすくなる」環境に自分がいないかどうかを確かめることが大切です。

詳しく見る

目

水晶体や筋肉の機能の低下

老眼は目のピント調節機能の低下が原因ですが、気になる症状が見られる人は老眼チェックをして下さい。本や雑誌などの小さい文字が読みにくくなったり、文字や数字の読み間違いが増えたと感じている人は、老眼の可能性があります。

詳しく見る

婦人

近視でも避けられない

近視の人は老眼になりにくいという説がありますが、近視でも老眼になります。自己チェックをして進行していることが分かったら、眼科で正確な視力を測定してもらうのが良いでしょう。老眼を予防する方法としては、眼球マッサージやホットマスクがお勧めです。

詳しく見る

女性

視力低下を放置しない

誰しも自分の老化は認めたくないものですが、夕方になると物が見えにくくなったり、近くのものを見ると目が疲れる場合は、老眼チェックをするのがよいでしょう。進行している場合は、眼科で診察を受け適切な処置をするのが賢明です。

詳しく見る

Copyright© 2018 老眼のチェックを簡単に行なえる【詳細を見てみよう】 All Rights Reserved.