記事一覧

視力低下を放置しない

女性

眼科で検診を受ける

誰しも、自分の老化は認めたくないもので、少しでも若くいたと頑張ってしまうものです。特に、老眼鏡をかけることに抵抗を持つ人は多く、少しぐらい見えにくくなっても、放置している人が多いようです。しかし、老眼を放置しておくと、見えにくさのために肩こりや頭痛を引き起こす可能性があります。老眼の兆候としては、夕方になると物が見えにくくなる、近くのものを見ると目が疲れる、メールを打ち間違える頻度が増えるなどがあります。もしもこのような症状を感じているなら、老眼チェックをしてみると良いでしょう。最も簡単にできるチェック法は、近点チェックです。人差し指を鼻先におき、少しずつ鼻から遠ざけて指紋がはっきり見えるところで止めます。鼻先から30センチ以上離れている場合は、老眼が進行しているため、眼科で診断を受けるのが賢明です。30代なら20センチ、40代前半なら30センチで指紋が見えるようになるのが一般的です。老眼鏡も、近年はスタイリッシュになっており、普通の眼鏡と遜色のないデザインとなっています。遠近両用レンズの場合でも、いかにも両用であるのが分かる小窓のついたタイプではなく、普通のレンズと同じ仕様のものが選べます。老眼チェックでは進行が見られなかった場合も、食生活や睡眠、生活習慣を正すことにより、進行を遅らせることができるので実践すると良いでしょう。老眼であることを恥ずかしがらず、目に優しい環境を作ることが大切です。

Copyright© 2018 老眼のチェックを簡単に行なえる【詳細を見てみよう】 All Rights Reserved.