記事一覧

近くが見えにくいのは

眼科

そのサインに気付くこと

ひと昔は「老眼は40代から」などと言われていましたが最近では決してそうでもないようです。生活環境などによってはその症状が30代で現れることもあるのが現代です。その生活環境というのは目に過度な負担がかかる生活のことを指します。今回は「あれ、老眼かも」のサインチェックについてご紹介します。老眼のチェックで一番わかりやすいのが「近くのものを見てみる」ことです。新聞や本などの文字がぼやけていないかを確認します。ここで文字がぼやけて見えにくいようだったら老眼の可能性がありますこのチェック自体は日常的にできることです。違和感を感じたら老眼を疑ってみましょう。他にも老眼かどうかをチェックする方法はあります。例えばテレビやパソコン、スマートフォンを見た後に激しい肩こりや頭痛を感じるかどうかも判断基準になります。老眼というのはピントを合わせる目の筋肉が弱くなります。そのため普通の人より眼精疲労が起こりやすくなるのです。同じような理由で老眼になると動いているもの、例えば車などにもピントが合わなくなります。運転中に「見えにくい」と感じたらそれは老眼かもしれません。これらの老眼は、先にも述べましたが生活環境の様態によって発症のタイミングが変わってきます。生活環境にパソコンやテレビを見る機会が多い方は今一度生活を振り返ってみましょう。早期発症につながる原因が意外と身近にあるかもしれません。チェックは普段の生活を見直すことから始まるのです。

Copyright© 2018 老眼のチェックを簡単に行なえる【詳細を見てみよう】 All Rights Reserved.