記事一覧

近視でも避けられない

婦人

眼精疲労を軽減する

近視の人は老眼になりにくいという、まことしやかに囁かれている都市伝説があります。しかし、実際のところ近視の人も老眼になるのは避けられず、正視の人よりも老眼になりやすい傾向があるようです。しかし、普段からメガネやコンタクトレンズで視力を矯正しているため、近くを見る時には眼精疲労が強く、常に目が疲れている状態にあります。そのため、老眼であることになかなか気づきにくいのが現状のようです。デスクワークをした時に肩こりや頭痛を感じるようなら、老眼の疑いがあるため、まずは自己チェックをしてみると良いでしょう。自己チェックのやり方はとても簡単で、指先を鼻先から徐々に離していき、はっきりと指紋が見えた場所までの距離を測るだけです。30センチ以上離さないと指紋がはっきり見えなかったなら、老眼が進んでいる証拠です。眼科で正確な老眼チェックを受け、正確な視力を測定してもらいましょう。老眼チェックでは進行が見られなかった場合でも、用心するに越したことはありません。普段から老眼予防を行い、できるだけ老眼の進行を遅らせる努力をしましょう。口コミなどで評判の高い予防方法としては、デスクワークをする時は目を酷使せず1時間ごとに休憩を取ったり、眼球マッサージを行ったりするなどがあります。また、ホットマスクや蒸しタオルをのせて、目の周辺の筋肉をリラックスさせるのも効果的のようです。自分に合った方法で、目の負担を極力減らすようにしましょう。

Copyright© 2018 老眼のチェックを簡単に行なえる【詳細を見てみよう】 All Rights Reserved.