記事一覧

目の疲れに注意です

検査

早めのケアが大切です

40代過ぎたころから何となく読んでいる文庫本や新聞の字が見えにくくなってきたように感じることがあります。でも、読めないわけではないのでそんなに気にならないので老眼かどうかのチェックをしないまま過ごすことがほとんどです。40代中頃くらいになって更に字が見えにくくなって老眼の自覚をすることが多いです。よく近眼の人は老眼になるのが遅いといわれていますがそんなことはないようです。老眼は、眼球の水晶体のレンズが硬くなって近くを見るときのピントを合わせる調整する力が落ちてきます。それは、近眼の人もそうでない人も変わらないです。老眼かどうかのチェックは、まず新聞や文庫本の文字が近くよりも30センチくらい離したほうが見えやすい。また夜のレストランや居酒屋さんに行って薄暗いところだとメニューが見えにくくなったなどの自分でチェックして自覚症状があったら老眼になっていると考えられます。老眼鏡をかけると更に老眼が進むといわれていますが、そんなことはありません。無理をして見ていると頭痛や吐き気の原因となることがありあす。また、メールや資料の字を見間違えて仕事に影響がでることもあるので早めに眼科に行くのが大切です。また、目の筋肉の強化をするのに近くと遠くを繰り返して交互に見ると目の筋肉を鍛えることができます。また、ビタミンB1やビタミンCなどの目にいい栄養をとるのも大切です。まずは、毎日の生活で老眼のチェックを自分でして早めの処置が大切です。

Copyright© 2018 老眼のチェックを簡単に行なえる【詳細を見てみよう】 All Rights Reserved.